宝満山クライミング

2014.07.21 宝満山クライミング
T田君に誘われて宝満山の初めてのクライミングに行って来た。参加者はそれにいちみるさんの3人。先ずは、登山道を山頂まで登り、山頂で岩装備を付けて準備し他の荷物は残置して出発。山頂から少し下ったところから南壁に向かいちょっとヤブコギをしたあと懸垂下降して取り付きに到着。昨日の雨で岩は少し濡れていた。
稚児落とし(恐ろしい名称がついたものだ)
画像

とりあえず山頂に着いて準備
画像

最後は取り付きまで懸垂下降。準備をするT田君。
画像

1P目の南西カンテに挑戦。リードは1度登ったことのあるT田君におまかせ(^-^)v。続いていちみるさん挑戦中。見た目は簡単そうに見えたがいざ登ってみると手掛かり足掛かりなく結構難しかったようだ
画像

2P目のシンダイへ挑戦、カムを取り付けているT田君。
画像

狭い岩と岩に入り込む
画像

岩と岩の間であおむけに体勢を変える
画像

腕を精一杯伸ばし手掛かりを探す
画像

体が外に出るので怖いが気合を入れて強引に体を引き上げる
画像

続いていちみるさん挑戦
画像

苦戦中
画像

元気なく小さくピース
画像

またまた苦戦、手が届かない。
画像

四苦八苦なんとかクリアー
画像

登り上がったら絶景
画像

2人は先に着いて上宮で一息
画像

さっき登ってきた岩からの風景
画像

さっき登ってきた岩からの風景
画像

登り上がったら上宮の裏へ
画像

ここで昼食(いちみるさんはこれで終わりだと思っていたらしい)
画像

ところがどっこい午後からは稚児落としに挑戦でした。
画像

ほぼ垂直の岩。ところどころ濡れている。
画像

いつもは通り過ぎていた場所。まさかここを登るとは?
画像

もちろんリードはT田君におまかせ。
画像

さすがのT田君も苦戦?
画像

手を休めながら挑戦
画像

そこを登って左にちょっとトラバース
画像

頂上まであと一息
画像

つづいて吾輩が挑戦
画像

体を外に出さうとするのだが手掛かりがないのでなかなかうまくいかない。
画像

ルートを思案中
画像

トラバースするところまで到着したが?腕と握力を使い果たしたようだ。
画像

最後のもう一息の登りで断念(次回の課題)
画像

懸垂下降で降りる(無念)
画像

T田君、我輩が登れなかった所のヌンチャクを回収して懸垂下降
画像

集合写真
画像

皆さんお疲れ様でした。次回頑張ります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

さおり
2016年05月04日 21:27
初めまして。太宰府在住のクライマーさおりです。

クライミング暦3年、リードのレベルは5.10(6a)です。
自分の機材を持っているのですが、クライミングパートナーがおらず、、、
今後宝満山に登られる予定がありましたら是非ご一緒させてください。

コメントの返信をいただけると嬉しいです。

この記事へのトラックバック